Available courses

○授業概要

  医療情報システムや生体情報にかかわる知識及び技術に関する4年間の授業の達成度を総合的に確認し,その定着を図る.

○到達目標

  医療情報システムコースで目標とする知識レベルに到達していることを目標とする.具体的には,医療情報技師認定試験の3分野合格レベル(60%)に達していることを目標とする.

 

各回 2 時間以上の予習を行ってください。

 

第1回から第5回 医療情報システム編

1.   医療情報の特性と医療情報システム

2.   医療を支える情報システムの構成

3.   病院情報システムの機能

4.   病院情報システムの導入

5.   病院情報システムの運用

6.   システムの評価と改善

7.   医療情報の標準化

8.   医療情報技師の3Cを支える手法・スキル

9.   医療情報分野の将来

6回から第10回 医学・医療編

1.   医学・医療総論

2.   社会保障と医療制度

3.   医療管理

4.   医療プロセス

5.   医学・薬学・看護学

6.   検査・診断

7.   治療・処置

8.   診療録およびその他の医療記録

9.   医学研究

10.  医学医療統計

11.  臨床データベースの構築

 

11回から第15回 情報処理技術編

1.   情報の表現

2.   ハードウェア

3.   ソフトウェア

4.   データの種類と変換

5.   データベース技術

6.   ネットワーク技術

7.   情報セキュリティ

8.   情報システムの開発

9.   情報システムの運用と管理

10.  最近の情報技術と情報サービス

 


【概要】

就職に対する意識を醸成し,職業適性や自身の将来設計について考える機会を与え,主体的な職業選択の意識を育成する.具体的には,大学の座学・演習等で学修した知識と技術が,企業等の実社会での就業とどのように結びついているかを,学内にける企業調査あるいは企業担当者の講義等から学修する.更に,調査した内容は発表会を通じて,学生間で議論し情報の共有を図る.

【到達目標】

企業調査,医業経営管理能力検定の取得を通じて社会人とのコミュニケーション能力,社会的責務とマナー並びに倫理観,企業・病院の財務分析能力等を獲得するとともに,職業選択の幅を広げ個々の学生のキャリアアップを図る.


【事前学修】本科目は,キャリア教育Ⅰ,キャリア教育Ⅱでの学習を前提しているので,各自作成した就活ノート等の内容を振りかえり,各自の関心のある業種や企業等について調べる.

【企業調査】企業研究キャリア講座で講演する企業の概要を調べる。

【医業経営管理能力検定】

  医療・医療制度・政策,地域医療計画・地域介護計画,財務管理,人事労務管理,経営管理について,テキストをもとに理解したことについて整理しておく。

【事後学修】他の学生が参加した企業等についても事前学修し,実習報告会で積極的に質問ができるように準備しておく.



教科書『論理トレーニング』を使って学習します。

WindowsServer2016とLinuxの2つのディストリビューションを扱います。

応用医療情報技術のコースです。

4月11日(火)までに理解度確認テストを受けてください。